エディットマンの編集旅路

編集で気になった事をメモ書きしてます。

スポンサーリンク

AEで簡単合成 コーナーピンを使用

       

f:id:editman:20151009003101j:plain

前に、フォトショップでの合成ネタを書きましたが、

今日は、アフターエフェクトの機能の一つ「コーナーピン」を使って簡単に合成してみます。

まずは、AEを起動します。

f:id:editman:20151009003122j:plain

ベースとなる風景動画は、固定カメラで画面が動かない素材を使用してください。

シーケンスに風景動画をドラッグします。

 

続けて、合成動画をドラッグします。

f:id:editman:20151009003455j:plain

合成する動画は、一番上に持ってきてください。

f:id:editman:20151009003534j:plain

ドラッグで、簡単に上に移動出来ます。

f:id:editman:20151009003604j:plain

上に持って来ると、画面にこんな感じで重なって表示されます。

次に、エフェクトのディストーションのコーナーピンを起動

f:id:editman:20151009003755j:plain

すると、角四隅が自由に動かせるようになるので

好きなポイントに移動させます。

f:id:editman:20151009003841j:plain

今回は、プロジェクターに合わせてみました。

f:id:editman:20151009003908j:plain

こんな感じですねぇ。

動画は、私の作ったロボット動画ですwww

これでOKです。

序に、

別の看板にも、合成してみました。

f:id:editman:20151009004014j:plain

これに!

f:id:editman:20151009004024j:plain

こんな感じでwww

完成動画は、こちらです。

簡単ですね。

固定カメラでも、多少、風が吹いてズレたりした動画の場合

手動で補正出来ます。

f:id:editman:20151009004356j:plain

動画を最初に合わせて、タイムウォッチを四つすべてクリックして

f:id:editman:20151009004510j:plain

こんな感じで、ズレたポイントのみ補正すれば、問題無く合成出来ます。

マッチムーブと違って、固定カメラによる合成は、比較的簡単に出来ます。

ディストーションのコーナーピンは便利ですよ!

ではでは。