読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディットマンの編集旅路

編集で気になった事をメモ書きしてます。

スポンサーリンク

フレームレートについて!

       

f:id:editman:20151123213332j:plain

今日は、フレームレートのテストをしてみました。

動画編集をする上で、ここの設定は、抑えておきましょう♪

動画は

静止画のペラペラ漫画みたいなものです!

動画1秒に対して、静止画が何枚あるかと言う意味です。

例えば

フレームレート:30fpsとあると

1秒間の動画に30枚の静止画が表示されるという意味になります。

因みに、日本でのDVD規格は、フレームレート:29.97fpsです。

BDでは、二つあって

・1920x1280のフル画での30fps

・1280x720の60fps

私のBDでの設定のお勧めは

1280x720の60fpsです。

やはり

フレームレートが多ければ多いほど

全然違います。

1秒間に60枚は、とても滑らかです。

なので

ビデオカメラハイビジョン撮影した動画60fps

編集してBDに焼くまでの工程

編集中のコンポジションに

設定をしっかり60fpsにして編集するのを

お忘れなく!

せっかくのハイビジョン動画60fpsが、

知らない内に編集で30fpsや23fpsで編集してて

BDに焼いても

動画がカタカタって事がwww

と言うわけで

ハイスペックのPCを持っている人なら

とりあえず

動画60fpsで編集して

BD(1280x720の60fps)にも

DVD(720x480の29.97fps)にも焼けるようにしておけば

友達に編集動画を配る時にも

臨機対応出来ますよ♪

では

今日の動画

フレームレートの違いを動画にしてみました。

参考にどうぞ♪

エディットマンの編集の旅は続く、、、